全国各地で広がってます。

一箱古本市は毎年、徐々に開催する町が増えてきています。
大規模なとこから、大村みたに古本市単独のところまで、面白いのは町の図書館主催の
一箱古本市が増えてきています。たぶん面白い町にちがいないでしょう。

今回参考にしている南陀楼綾繁氏(「不忍ブックストリートの一箱古本市」の発起人)のブログ
今秋開催される、各地の一箱古本市が列挙されています。各地それぞれ工夫を凝らして面白そうです。
大村も回を重ねて大村ならではの一箱古本市にしていきたいです。

まだまだ、出店者募集中です。
[PR]
by book-omura | 2010-10-08 23:40 | 近況


<< 店主さん2010秋#1 チラシを置かせてもらってます。... >>