<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010秋「一箱古本市を大村で」開催

今日は寒くもなく、風も吹かず良い一箱古本市日和?でした。
中央商店会の協賛いただき、最高のロケーションで開催できました。
それと、同じアーケードでは、子供を対象にしたイベントがくまれており、沢山の親子連れが3時頃まで行き交っていて、童話・絵本・漫画などはかなり売り上げたような印象です。

今回の出店数は、直前に一店(ジョンレ・ホンさん)増え14店でした。
14店が一同に並ぶと結構、様になってるじゃないかとかんじました。
募集に関しては、とにかくチラシを長崎市から佐世保市まで伝手のあるところは置かせてもらいまし
たが、10月に入っても一向に申し込みが増えずどうなることかと思っているところ、2週間程前から問
合せが増え、その中の8割ほどの方が申し込みして頂きました。これは、出たいけど一ヶ月前ではま
だ予定が入れられないという方が多かったのではないでしょうか。勉強になりました。

今回の14店舗の売った本の総数は496冊、平均で35.4冊です。思ったより多く、けっこうな数ですね。
最後に、出店していただいた店主さん。ボランティアで素敵なポスターを作ったり、チラシを配って頂いた助っ人さんの方々、ありがとうございました。
また、来年の春にやりましょう。

では、本日の2010秋「一箱古本市を大村で」の模様を。

1店舗の幅は1.1mです。ちょっと狭かったかな。
b0202052_22242642.jpg

b0202052_22265335.jpg

チマキ書店さん、なかなかクールですね。b0202052_22281965.jpg

すなお書房さん、同じ世代ですね。1冊買いました。
b0202052_2233774.jpg

岸書房さん、素敵なスリップです。
b0202052_22371995.jpg

クーツエ書庫さん、単行本中心、cdプレゼントのおまけ付き、売上は如何に。
b0202052_22375485.jpg

モトコウブン堂書店さん、手作りのブックカバーの刺繍が秀逸でした。写真撮りわすれました。
b0202052_2243222.jpg

ワーキング書店さん、いろんな方面のノンフィクションもの、数学弱いのに、数学もの買いました。
b0202052_22485932.jpg

古本「はこたろう」さん、今回の売上No1さん。ディスプレイもすばらしい。
b0202052_2361838.jpg

渋い箱です。写真関係の本に欲しいのが有りましたが、写真の先生が先に買ってました。b0202052_225464.jpg


[PR]
by book-omura | 2010-10-31 23:00 | 近況

店主さんへお知らせ

本日、店主さんに当日の手引きのようなものを郵送しました。
遅いですねー、すみません。明日中には届きますのでご容赦を。

その中での準備事項などを抜き出しておきます。

【店主さんの準備事項】
▼出品する本には、各店で屋号・書名・売価を書いたスリップを挟み込んでください。
値段は出店者が自由に付けてください。
「スリップ」とは、新刊書店の本に挟まっている書名や値段を書いた紙、二つ折りでページに挟み
込まれている、アレです。
最低限お客さんが値段を容易に確認でき、売上の管理ができれば問題ありません。     


▼準備品
 □ 古本(スリップの抜けがないか確認してください)
 □ 箱と屋号を書いた看板
 □ 筆記用具
 □ 電卓
 □ 予備スリップ
 □ 釣銭(必須です!釣銭両替の用意はこちらではしません)
 □ 携帯用の椅子などあると楽です。また寒いかもしれません、その準備も。
 

▼実施にあたって
  ▽受付は10時半頃までに済ませてください。(参加費として500円お願いします)  

  ▽食事・トイレなど用事があるときは、お隣どうしで店番を交代してください。
  または、助っ人さんにご連絡ください、対処します。
  
  ▽販売開始は、11時からです。時間厳守です。

  ▼販売終了後(4時半)、スリップの集計をして売上を報告していただきます。
  時間が有るときに、その都度計算しておけば集計が楽です。

以上、よろしくお願いします。
「2010 秋 一箱古本市を大村で」楽しみましょう。
 
[PR]
by book-omura | 2010-10-29 14:52 | お知らせ

店主さん2010秋#3

寒くなってきました。

店主さん情報その3です。
ワーキング書店
 ノンフィクション中心です。

クーツェの書庫
 昔読んだ、ハードボイルド小説やエンターティメント小説、
 他には雑誌などを準備して、お待ちしております。
 もしかしたらプレゼントがあるかも。ないかも。です・・・

モトコウブン堂書店
 ウチの本棚が壊れました。
 どぅやら本棚の大きさに対して、容量オーバーだったらしいです。
 ビックリです。なので、ナクナク好きな本たちを手放す事にしました。
 本のジャンルはrelaxなどの雑誌類を出す予定です。
[PR]
by book-omura | 2010-10-28 00:11 | 店主さん情報

店主さん2010秋#2

いよいよ来週に迫ってきました。楽しみですね。

店主さん情報のその2です。
すなお書房
 純文学・ミステリー・その他 硬派のお客様にも喜んでもらえる
 ハードカバーを揃えたいと思ってます。
 文庫や童話なんかも用意できるかも。

古本「はこたろう」 
 どんな本を準備しようかあれこれ考えています。
 絵本や文芸もの、雑誌など… 
 家の中のあらゆる本を選んで出店します。

もっきり屋
 初期のLingkaran、初期のクウネル、Spoon.、カメラ日和、
 暮らしの手帖など雑誌中心です。

チマキ書店
 吉田修一をはじめとする日本人作家の本を中心に、手紙の書籍や サブカル雑誌を扱ってます。
 お気軽に覗いて下さい。

岸書房 
 残り少ない人生で、とっておきの本を出品します。

かかし書店
 コミック全般、その他。 
[PR]
by book-omura | 2010-10-22 23:20 | 店主さん情報

ポスターの紹介

ポスターをチラシと並行してあちこち貼らせて頂いてます。
助っ人さんのTさんに作っていただきました。(クリックで大きくなります)


b0202052_0131688.jpg
[PR]
by book-omura | 2010-10-15 00:14 | お知らせ

店主さん2010秋#1

店主さん情報です。これから少しずつ載せていきます。

■七草(ななくさ)
  食にまつわる本、雑誌、料理レシピ本。暮らし、子育て、子供の本、雑誌などが中心。
  古本屋志望!この一箱古本市が出発点です。
  食べることが暮らすこと。
  ふと気付けば一日中食べることばかり考えていませんか。
  暮らしを楽しむあなたの手もとに、ぜひ1冊。

■うたたね書房
  料理、育児、子どもの本、小説、サブカルチャーなど、ジャンルを問はず、
  不要になった雑誌、書籍、絵本、写真集などを販売します。

■黒猫文庫
  こんにちは。昭和の日本人作家の文庫本中心です。男性作家さんが多いかな。  
  数は多くないですが、エッセイや小説などがあります。
  ちょっぴりマクロビオティック関連の本、英語の参考書もあります。

■園田書店
  のん気にお店をOPENしていますので、お気軽にお立ち寄りください♪
  遊びに来てください!
[PR]
by book-omura | 2010-10-12 23:35 | 店主さん情報

全国各地で広がってます。

一箱古本市は毎年、徐々に開催する町が増えてきています。
大規模なとこから、大村みたに古本市単独のところまで、面白いのは町の図書館主催の
一箱古本市が増えてきています。たぶん面白い町にちがいないでしょう。

今回参考にしている南陀楼綾繁氏(「不忍ブックストリートの一箱古本市」の発起人)のブログ
今秋開催される、各地の一箱古本市が列挙されています。各地それぞれ工夫を凝らして面白そうです。
大村も回を重ねて大村ならではの一箱古本市にしていきたいです。

まだまだ、出店者募集中です。
[PR]
by book-omura | 2010-10-08 23:40 | 近況

チラシを置かせてもらってます。#5 お礼

今日もあちこちとチラシの配布や補充に廻ってきました。

▼大村:カレーハウス シェ・てつお (HP・blogなし)Tel:0957-56-9855
▼佐世保:マーシーキッチン

助っ人さんも頑張ってもらってます。
今日行ったカレー屋さんにチラシのお願いに行ったら、それならもう有りますよと
カウンター横にしっかりと置いてありました。助っ人さん速攻振りに流石にびっくりしました。
補充にいった喫茶店ではお洒落にチラシを折って綺麗にディスプレイして有りました。
ありがたいですね、あちこちで色んなお店で宣伝してもらって、これは頑張らねばと思いました。

メディア関連の掲載 ありがとうございます。
▼長崎新聞:10/3(日)p19のイベント欄に「一箱古本市を大村で」の紹介をしてもらいました。
▼サンクス大村:各新聞綴じ込み10/2(土)に出店者募集の記事を載せていただきました。
[PR]
by book-omura | 2010-10-05 23:19 | お知らせ

仮想、一箱古本

一箱作ってみました。実際に出店となると本の内容は変わりますが、こんなかんじで
アピールしてみてはどうでしょう。
実際には、ブルータスとかクロワッサンの平成15の1年分とか雑誌攻めでも良いんじゃ
ないでしょうか。画像、クリックで少し拡大できます。


b0202052_22105042.jpg
[PR]
by book-omura | 2010-10-03 22:14 | 一箱古本市とは

チラシを置かせてもらってます。#4

ちょっと、掲示するのが遅れました。
以下のお店にご協力いただいています。
▼長崎:ディコ・アパルトマン
▼大村:marble

一箱古本市は、単純に不要の本・雑誌を売るというだけでなく、古本屋さんの店主として
いかにお客さんの興味を持って手に取って貰えるように、工夫するという面白さがあります。

主催する私も、まだ一箱古本市に出たことも見にいったこともありません。
助っ人さんの中に、名古屋や佐賀の一箱古本市に参加した人がいて、実に面白かったと聞いています。
本好きにはたまりませんよね。

 当日は私も出店しようかどうかと決めかねてますが、明日辺り仮想的に一箱古本を作って掲載しようと思います。
昭和青春男の一箱になるのは間違い有りません、でしょう。

というところで、ちょっと準備中の画像。

b0202052_23304227.jpg
[PR]
by book-omura | 2010-10-01 23:33 | お知らせ