<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

店主さんへのお知らせ

店主さんが出店に際しての、準備事項を列挙しておきます。


【店主さんの準備事項】
▼出品する本には、各店で屋号・書名・売価を書いたスリップを挟み込んでください。
値段は出店者が自由に付けてください。
「スリップ」とは、新刊書店の本に挟まっている書名や値段を書いた紙、二つ折りでページに挟み
込まれている、アレです。
 または、300円均一とかでコーナーを括れば、視認できる値札一枚でもかまいません。 
最低限お客さんが値段を容易に確認でき、売上の管理ができれば問題ありません。 

 ▼準備品
 □ 古本(スリップの抜けがないか確認してください)
 □ 箱と屋号を書いた看板
 □ 筆記用具
 □ 電卓
 □ 予備スリップ
 □ 釣銭(必須です!釣銭両替の用意はこちらではしません)
 □ 携帯用の椅子などあると楽です。また寒いかもしれません、その準備も。
 

▼実施にあたって
  ▽受付は10時半頃までに済ませてください。(参加費として500円お願いします)  

  ▽食事・トイレなど用事があるときは、お隣どうしで店番を交代してください。
  または、助っ人さんにご連絡ください、対処します。
  
  ▽販売開始は、11時からです。時間厳守です。

  ▼販売終了後(4時半)、スリップの集計をして売上を報告していただきます。
  時間が有るときに、その都度計算しておけば集計が楽です。

梅も咲きました、春の一箱古本市を楽しみましょう。

b0202052_17462765.jpg
[PR]
by book-omura | 2011-02-28 17:50 | 店主さん情報

店主さん2011春#3

店主さん情報その3です。

山のよこ工房
  いろんな本持って行きます。

eicoful life(エイコフル ライフ)
  ゆっくりのんびり暮らしたいと思っています。
  廃刊になった「リンカラン」や大好きな「天然生活」などの雑誌。
  「くらし」をテーマにした本、そして数年前、心の病に苦しんだ時の
  バイブルになった本などなど今のくらしを豊かにする本を準備します。

はこたろう
  雑誌のバックナンバー・文芸(単行本・文庫本)・児童書など
  お店半分、客半分の気分で参加します。

イロイロ書店
  こんにちは!
  名前のとおり、イロドリよく色んなジャンルの本を持っていこうと思っています。
  小説、雑誌、音楽、写真、料理、あとちょこっと絵本、ウッカリ買ってしまった
  ものなどなど、品揃え豊富にしたいと思います。
  ヨロシクお願いします♪
[PR]
by book-omura | 2011-02-27 23:55 | お知らせ

店主さん2011春#2

店主さん情報その2です。

▼なか屋書房
 まん画アリ、絵本アリ、好きだった本や雑誌、結局読んでない本
 などを置く予定です。

▼しろくま書店
 「楽しそうだなぁ」という好奇心のみで参加を決意。
 ただそれだけです。
 本の数は少ないし、ジャンルも様々。
 買い手がつくかしら...??

▼七草
 食にまつわる本、雑誌、料理レシピ本。暮らし、子育て、子供の本を中心に。
 今回はジャンルを超えて幅広く?集められるかもしれません。
 本を片手に、皆さんからいろんなお話を聞かせていただきたいです♪

▼岸書房
 今回も、とっておきの本持って行きます。

▼かかし書店
 コミック全般、その他。

※まだまだ出店者募集中です。
※ファクスで申し込み書を送信したけど載ってない!という方、ご連絡ください。
※出店者への場所等の詳しい情報は、3月2日頃までに、メールまたは、手紙でご連絡します。
 お問合せ:(キャットナップ珈琲内)0957-54-9351
[PR]
by book-omura | 2011-02-26 00:11 | お知らせ

店主さん2011春#1

店主さん情報その1です。

~日本再生~ ありが党書房
 ジャンルは音楽関係や小説など。
 初めての体験なので緊張もありますが、お客さんと一緒にほっこりできるような
 古本屋になれたら嬉しいです。

スナメリ文庫
  暮らしを豊かにする為のヒントが詰まった雑誌類を中心に販売させていただきます。
  例えばインテリア、例えばECOな暮らし方、例えば個性派デザインのファッション!
  「天然生活」や「装苑」のバックナンバーなどなど…。
  他に、関東の雑貨屋さん巡りガイド本やハードカバーの小説もいくつか。
  古本市での巡り合わせが、あなたの生活をより豊かにするきっかけとなりますように…。

あばれロバ書店
  車関係を少しと月間ムー(オカルト系)をメインに、少し変った本を並べる予定です。

ワーキング書店
  ノンフィクションの本が多いです。
  職場のワーキングヒルズで作った、昔の小説の本も、少し出そうと思ってます。

偶々庵(グウグウアン)
  古書の販売については、ポリシーなし。
  長崎から行くので、持ち帰りたくない一心で、投げ売り覚悟。

うたたね書房
  店の紹介文 料理、育児、子どもの本、小説、カメラ、サブカルチャーなどなど。
  今回もジャンルを問はず、我が家の本棚に入りきらなくなった雑誌や書籍を販売する予定です。

※まだまだ出店者、募集中です。友人と一緒にどうですか。
チラシ第2弾のご紹介

b0202052_23315849.jpg
[PR]
by book-omura | 2011-02-18 23:20 | 店主さん情報